私が実践した置き換えダイエットの落とし穴

ダイエット

バナナダイエットや糖質ダイエットなどを始めとする

置換えダイエット

非常に多くありますよね。

最近では、うどんダイエットなんてものもあります。

 

数多あるダイエット方法。

どんなものが効果あると思いますか?

その殆どが効果があります。

但し、一時的な効果があっても

やり方を間違えると逆に太ったり、健康を損ねたりします。

 

ここでは有名な一例を紹介します。


朝バナナダイエット


知らない人はいないんじゃないかというくらい

有名なダイエット法ですよね。

一昔前に大ブームになり、スーパーからバナナが消えていました。

 

朝バナナを1~2本食べて、水を飲むだけの簡単ダイエット。

しかし、早く痩せようと思ったのか

バナナだけの食事を多くしてしまい、栄養バランスを乱した人も多いはず。

 

ダイエットの基本は

1日3食、栄養バランスの取れた食事

です。

 

そうでなくても1食はバナナオンリーになっています。

その後もバナナバナナだと、栄養バランスは確実に傾きますね。

 

バナナを食しすぎると高カリウム症や、尿管結石になる恐れもあります。

 

バナナダイエットだからと言って、バナナオンリーダイエットと

勘違いはしないようにしてはいけません。

 

 

 


うどんダイエット


うどんダイエットは、主食をうどんに置き換えるダイエットです。

うどんは白米に比べ、カロリーや炭水化物が少なく

リバウンドもしにくいダイエット法。

 

また、コシの強い讃岐うどんに置き換えると、

よく噛むことにより満腹中枢が刺激され

食欲を抑える効果もあるようです。

また、冷やしうどんにすることにより

でんぷんが消化・吸収を抑えるレジスタントスターチに変わり

太りにくくなると林先生(初耳学)が言っていました。

 

 

 


おにぎりダイエット


炭水化物の塊であるおにぎり。

これを3食おにぎりにすることにより、減量するダイエット法。

サラダやみそ汁はつけてもOKで、肉や魚はとらないようです。

暖かいおにぎりではなく、冷めたおにぎりを食べる。

また、具はおかかが良いそうです。

おかかには、ヒスチジンという成分があり

これが満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを抑制すると

林先生(初耳学)が言っていました(またか

 

 


私のおすすめ


さて、最近有名なダイエット方法をサラリと紹介しました。

 

さぁ、明日からやってみよう!

って思いますか?

 

私はあまりお勧めできません。

自分で実践してダメでした。

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

ぶ っ ち ゃ け 飽 き る

 

 

 

そもそもですよ

 

今まで好き放題食べていた人が

突然食を縛るなんて拷問ですよ。

 

しかも主食を置き換える方法は

高確率で飽きます。

私は1週間カレーでも大丈夫なタイプですが

毎朝バナナは飽きます。

おにぎりなんてもってのほかです。

 

 

味付けの工夫をすれば大丈夫かと言えば

そういうわけにもいきません。

 

 

気軽にダイエットしたい人が

手の込んだことをすると思いますか。

 

手軽だと思いきや、縛りが多くてやりにくい。

 

うどんはまだしも、好きじゃ無けりゃ

バナナなんてほんと食べたくなくなりますよ。

 

1人暮らしならともかく、家族がいる人は

他の家族も巻き込んでしまったり

負担をかける可能性があります。

 

環境によっては続けにくいんですよね。

 

強固な意志がある人であれば大丈夫だと思います。

 

 

 

 

しかしは私はビールも飲みたいし、楽をしたい。

 

 

 

そんなサボり症の私が行きついたお手軽ダイエットは

 

 

お酢です。

 

 

今回の記事はちょっと長くなったので、

お酢の記事はまた次回に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました